ローストビーフを作ったけど、美味しかった!

婚活ネタは、以下のサイトに移転しました。
私の婚活体験談|リアル婚活情報.com
先日、ローストビーフを作りました。
結婚してから、ローストビーフをつくるの2回め、
1回めは、というと…



フライパンだけで作る、
簡単レシピを実践したところ、
なんか、周りだけ焼けて、
中身はレアというか、生でございました

まずいということはないけど、
生肉を食べてる感じ^^;

手抜きの簡単レシピは、
それなりの料理しかできないと悟り、
2回めの今回は、ちゃんと作ってみた。

今回、参考にしたのは、
料理の鉄人だった石鍋シェフのレシピ本、

↓クチコミを見ると、評価もかなり高し!

石鍋シェフは、フレンチの鉄人だったけど、
このレシピ本は、家庭向けの料理本なので、
難しいフランス料理のレシピじゃなくて、
家庭料理+αみたいな内容なので、おすすめ

この本に紹介されてる、石鍋シェフのレシピで、
ローストビーフを作ったところ、



激ウマでした

前回と違って、赤くて生っぽい感じとは違い、
これぞローストビーフという、ピンク色に仕上がった。

1回めの生っぽいローストビーフの方が、
けっこう高級な、A5だかB5だかの肉を使ってて、
今回のは、100g200円のオージービーフの安い肉だったけど、
正直、安い肉で作った石鍋レシピのが美味しかった。

料理って、素材も大事だけど、
ちゃんとしたレシピで、手をかけることも大切だね。

簡単にレシピを紹介すると、

1、キッチンペーパーで水気を取った肉に、塩コショウしてすり込む。
2、玉ねぎ、ニンニクをすり下ろして、オリーブオイルも加えて混ぜる。
3、2の上で、肉を転がしながら、肉の表面全体に馴染ませる。
4、肉をラップで包み、ジップロックに入れて空気を抜く。



これを、さらにタオルでくるみます。
で、このタオルでくるんだ物体を、鍋に入れて、
別にお湯を沸騰させたのを、鍋に注ぎ入れます。

レシピ本では、保温効果を高めるために、
さらに新聞紙でくるんだりしてたけど、
めんどくさいので、それは省略。



鍋は直火にはかけません、
熱湯を入れたら、鍋にフタをして1時間半放置、
予熱と保温効果だけで、じんわり熱を通す感じ。

この後で、フライパンに油をひいて、
肉の周りに焼きを入れて完成です。

ネットで調べてみたら、
炊飯器で作るローストビーフというレシピもあって、
こちらも、肉をジップロックに入れて、
炊飯器の保温機能を使って、
時間をかけて熱を入れる感じだった。

タオルでくるんで、鍋に熱湯よりは、
炊飯器を使った方が、簡単かもね。

ちと時間はかかるけど、
放置してるだけで、手間がかかるわけではないので、
ローストビーフ、おすすめです

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール


★名前:ミウ
★職業:在宅フリーランス
★このブログについて:
2011年婚活スタート、2013年めでたく結婚、そんな日々を綴ってます。

ブライダルネット
★ブライダルネット
結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット
★キャンペーン実施中!
RSSリンクの表示