ヴェルサイユ宮殿、プチ・トリアノンで撮った写真

婚活ネタは、以下のサイトに移転しました。
私の婚活体験談|リアル婚活情報.com
先日、マリー・アントワネットの映画を観て、ブログで紹介したので、
今日は、ヴェルサイユ宮殿に行った時の写真を、出してみます。

まず、パリ市内~ヴェルサイユ宮殿までの行き方は、
メトロとバスを乗り継ぐか、RER(高速郊外鉄道)を使うか、
行きと帰りで、それぞれ使ってみたけど、RERのがおすすめ、

時間帯にもよるんだろうけど、バスは混んでる&乗ってる時間も長い、
料金的には、RERのが高かった気がするけど、2~3ユーロ程度の差額、
観光に行く人がいたら、ご参考までに。

さて、ヴェルサイユの街について、宮殿に向かって歩いて行くと…


ヴェルサイユ宮殿

第一印象は、デカい…しかも、何やらキラキラ光ってる…
こんなの作ったら、そりゃ、革命も起こるよね、と、
この時点で、既に思いましたw


ヴェルサイユ宮殿

キラキラ光ってたのは、こちらの門、
写真では、伝わりにくいけど、金ピカでした^^;


鏡の間

宮殿内部の装飾も、豪華絢爛でしたが、
とりあえず、一番有名な、鏡の間の写真、


ヴェルサイユ宮殿

そして、宮殿の庭園も、ひたすらデカい…
奥の方は、心なしか、霞んで見えます。

この奥の方に、有名な離宮があるので、
そこまで歩いてみたけど、遠かった!


ヴェルサイユ宮殿

歩いてる途中で、カフェ・レストランがあったので、
ヴェルサイユ宮殿内のお店で、ランチをすることに


ヴェルサイユ宮殿レストラン

古い建物を利用してる感じのお店ですが、
インテリアがお洒落、あまり日本にはないデザインですね。


ヴェルサイユ宮殿ランチ

ちなみに、こちらが、食べた料理、
観光地なので、あまり期待してなかったけど、
思ってたより、ずっと美味しかったです♪


プチ・トリアノン

こちらが、有名な離宮で、プチ・トリアノンと呼ばれています。
なぜ有名なのかと言うと、アントワネットが、ここに引き篭もっていたから、

このプチ・トリアノンの庭を、奥の方へ進んでいくと、
マリー・アントワネットが、作った農村があります。


プチ・トリアノン

アントワネットが、ここで農民ごっこするために作ったとか、
いろいろ逸話のある場所ですが、風景はとても美しい所で、


プチ・トリアノン

ゴージャスな本宮殿の後に、ここに来ると、癒されます。


プチ・トリアノン

でも、農村風とはいえ、階段が螺旋階段だったり、
微妙に、ゴージャス感を感じますが^^;


プチ・トリアノン

ヤギ?などの家畜も、放し飼いに、モフモフで可愛い^^
ウサギや白鳥もいたけど、ドブネズミ(ヌートリア?)も見ちゃった…


ヴェルサイユ

帰りも、庭園を歩きましたが、さすがに疲れた…
庭園内の移動用のバスもあったので、消耗したくない人は、
そういうのを使ったほうがいいかも。


ラデュレマカロン

でも、途中、コーヒースタンドで、カフェを買って、
ベンチに腰掛けて、栄養補給に甘いもの、ラデュレのマカロン、
ピクニック気分で、それはそれで楽しい。


ラデュレ

ラデュレは、ヴェルサイユ宮殿内に、店舗がありましたよ、
モンブランで有名なアンジェリーナもあった。

そんなこんなで、ヴェルサイユを満喫した1日でした^^

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール


★名前:ミウ
★職業:在宅フリーランス
★このブログについて:
2011年婚活スタート、2013年めでたく結婚、そんな日々を綴ってます。

ブライダルネット
★ブライダルネット
結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット
★キャンペーン実施中!
RSSリンクの表示